きれいな目元

ケアプロストはまつ毛を伸ばす効果がある育毛剤として知られていますが、医薬品のためその効き目がかなり期待できます。ビマトプロストと呼ばれる有効成分が配合されており、まつ毛自体を伸ばして、本数を増やし、色を濃くしていく効果があります。毎日1回つけるだけで良いので、手軽なまつ毛ケアとして取り入れることができます。まつ毛が少ない人や長く伸ばしたい人、色を濃くしたい人はケアプロストを使うことで理想のまつ毛を手に入れることが可能です。

ケアプロストを使うとまつ毛が伸びるのか

ケアプロストは、緑内障や眼圧症で用いられる治療薬として開発されていましたが、現在はまつげ育毛剤でも使われていて認知度が高いです。ケアプロストが効果が高いという理由は、医薬品として取り扱われているからで、実際にこの先発医薬品を手に入れるためには医師の処方箋が必要です。効果が実感できる期間は個人差も大きいですが、使い始めてから2週間ほどで目に見えて違いがわかってきます。まつげは髪の毛と違ってそもそも短いので伸びがわかりやすく、女性はメイクをするたびにまつ毛を確認しますし、その変化に気がつきやすいこともあります。ジェネリック医薬品なので気軽に買える値段であるところもポイントですが、美容液とは違って医薬品なので取り扱いに注意が必要です。

効果の出やすい使い方は、1日1回寝る前に薬液をまつ毛の生え際に1度塗布するだけです。専用のアプリケーターや手持ちのブラシや爪楊枝などを使って、目の周りにつかないようにまつ毛の根元にピンポイントで塗布することが大切です。ケアプロストを使うことで、毎日重ね塗りをしていたマスカラやつけまつげなどが必要ないくらいになります。すっぴんで外出できるくらい目元の印象が強くなり、毎日継続することでその効果が続きます。間違った使用方法により目が充血したり色素沈着することもあるので、注意が必要です。

この医薬品が開発された当初は緑内障などの治療薬として使われていましたが、それぞれの患者がまつ毛が伸びたと報告しました。これにより、有効成分であるビマトプロストの副作用でまつ毛が伸びることがわかったため、現在まつげ育毛剤として使われています。目が霞んだりゴロゴロしたりする違和感を感じるケースもありますが、この場合は他の副作用が発症している可能性が高いです。

緑内障や高眼圧症を治療するための場合と、まつ毛を伸ばす目的で使う場合とでは、使用方法もかなり異なってきます。使い方が簡単なので毎日1回塗布するだけで、理想のまつ毛を手に入れられ、マツエクやつけまつげなどの装飾は必要なくなります。使用を中止すると次第に元の状態に戻っていきますが、突然まつ毛がなくなる訳ではないので安心して使うことが可能です。

他のまつげ育毛剤との違いは何か

まつげ育毛剤には色々な製品が発売されていますが、美容液ではなく育毛剤として取り扱われているものにはビマトプロストが配合されています。まつ毛の毛周期の中の成長期を伸ばす効果があり、これによりぐんぐんと毛が伸びていくことを実感できます。ケアプロストの有効成分はビマトプロストで、高眼圧症や緑内障などの眼圧を下げる治療薬として用いられています。これらの症状は視力低下につながるため、ビマトプロストによって眼圧を上げている水を排出させ、眼圧を低下させます。この治療を目的としていない人が使えば、色素沈着を起こしたり目が充血したりなど違和感を感じる副作用が強く出ることがあります。

ビマトプロストを使って実際にまつ毛が伸びたという報告がたくさん出ており、使用方法を守ることでまつ毛を綺麗に伸ばすことができます。ケアプロストの先発医薬品は国内で認可されていて入手できますが、こちらに関してはまだ認可されていません。海外では取り扱いがあるものなので、使いたい時は海外で購入するか、個人輸入をすることになります。国内で先発医薬品を入手するためには、医者からの処方箋が必要なので簡単に入手できるものではないです。ケアプロストは海外で取り扱いがあるので、処方箋は必要がないですし安く購入することもできます。

医薬品であるため効果には大きな期待ができますが、副作用の面でも注意が必要なので、確かな知識を持って使う必要があります。ケアプロストの有効成分であるビマトプロストを、まつ毛のきわに付けることによって、まつ毛の成長期間を延ばすことができます。この間にぐんぐんとまつ毛を伸ばし抜けにくく、黒く艶のある長く太いまつ毛に成長させることが可能です。

ビューラーを使ったりアイメイクを繰り返したりすると、まつ毛が抜けやすい状態になりますが、強く生えているため抜けにくくなります。たくさんのまつげ育毛剤がありますが、多くの製品にはビマトプロストが配合されており、それらはジェネリック医薬品でもあります。まつ毛の成長期を伸ばす効果は同じですが、それぞれの製造過程が違うので、個人的に効果の出方が変わるケースも見られます。